宝塚歌劇団(宙組男役)のまとめ集

宝塚歌劇団(宙組男役)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

愛月ひかるAizuki Hikaru 6913

愛月ひかる

愛月 ひかる(あいづき ひかる、8月23日 - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役スター。

千葉県市川市、私立日出学園中学校出身。身長173cm。愛称は「あい」、「ちゃんさん」。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・愛月ひかるのまとめ集

Twitter (#愛月ひかる)

2時間前

@643wplay

今日はおもに愛月ひかるさんを観る(これ通常営業)
2時間前

@kiki_OBasan120

しかしTL上に愛月ひかるさんがいるってすごい世界線…(;゚Д゚) しかも反響チェックして土日の入りはお着物とかヲタクの心理鬼のように理解しすぎw 我々も愛ちゃんへの応援メッセージ呟くのは休演日多めにしといた方がいいですかwww
3時間前

@okiwotashikani

愛月ひかるのお茶会いくとき、サングラスしていってもいいかな… 推しとの距離が近すぎてつらいんだよな。推しと握手できるイベントが定期的にあるのがつらい。推しに認識されたくないよ!!
5時間前

@lemonpanna_

愛月ひかるさん、美弥るりかさん、珠城りょうさん、北翔海莉さん…私がこの方々を見てきて思うのは、自分の予想や周りの期待と違った事が起きた時の身の振り方で、その方の本当の人柄が分かるなぁと。皆さん本当に素晴らしい人。宝塚って凄いな。
7時間前

@amekoXXXli

愛月茶のレポみて、愛月ひかる人としてよく出来すぎだろ…と頭抱えてる 人がいい(顔もいい)
7時間前

@sky_takarazuka

宙組ルキーニが喋ったぞー 愛月ひかる
8時間前

@erierolfrida

愛月ひかる氏の頭の回転の速さ、スマートさ、組愛、メンタルの強さ、懐の深さ、トーク力、切り替えの速さ、お茶会の話題の用意周到さ、カスタマーニーズの把握力、スタイルの良さ、顔の良さ全てが最高だから今すぐ私の上司に、いや、我が社のトップスターになってほしいんや!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
8時間前

@hitotohitowo

愛ちゃん エゴサてどうやってしてんかなぁ🤔 愛ちゃんて引くの?愛月ひかる? どっちにしても可愛いすぎる😶💓 ファンの声を聞いて いつもそれに応えようとしてくれる愛ちゃん。 そりゃ着いてくよ😭 大好きです、本当に。母と娘2人して大好きです。
8時間前

@kiki_OBasan120

愛月ひかる様がツィッターチェックしてるだと⁉️ 愛ちゃん見てるーー⁉️愛ちゃん応援してるよーーーっ(;つД`)❗️‼️
8時間前

@erierolfrida

愛月ひかる氏にマックス溢れ出すくらいの愛と夢と明日へのエナジーをもらったから行けるよ、行ってくるよ会社に!!!!そして愛月ひかる氏に着いていく軍資金たんまり稼いでくるよ!!!!
9時間前

@yukana2217

愛月ひかる、愛ちゃんはとても正直で宝塚を愛している人なんやね。ずっと宙組の御曹司は愛ちゃんだと思ってた。でも、愛ちゃんは宝塚の御曹司なんやね。組を越えて宝塚として大事に育てて唯一無二のタカラジェンヌになってほしい人。
9時間前

@kaidakedo0

トレンドの愛ちゃんを見て愛月ひかるの事だと思ったヅカオタは少なくはないだろう…
13時間前

@kuna_girl

愛月ひかるさん好きです あなたに一目惚れして宝塚ハマりました;;;;;;;;;;;;;;;
13時間前

@yuki_gumi_3

愛月ひかる様のお茶会参加させていただきました♡ 愛月様らぶです♡だいすきです愛してます♡
14時間前

@cosmos_2018s

外様の私が言うのも変だけど愛ちゃんが宙組から抜けると決まった今こそファンが一体となって応援するべき時が来ているなと感じる…!愛月ひかるちゃん!かっこいい本当に。

宝塚歌劇団(宙組男役)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

宝塚歌劇団(宙組男役)について

宝塚歌劇団(たからづかかげきだん、英: Takarazuka Revue Company)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団。

阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業運営であることから、運営は阪急の直営であり、阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が行っている。このため、歌劇団員は阪急電鉄の従業員となっている。

理事長は小川友次。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク